冬ごもり展  お山の小さな陶房にて

冬ごもり2018

冬ごもり(冬籠り)とは、
長い冬の間、人間や動物が家や巣の中にこもって過ごすこと。
そんな冬の時間を楽しめるような おいしいもの、楽しいもの、きれいなものが日本各地の友人より届きます。


時節 11月 紅葉のころ
場所 奥村陶房 京都宇治炭山久田26-1 マピオンマップ


14人の創る人
〇こぎん刺し 青森弘前 Hanako 〇お菓子教室 京都宇治市 Okasilabo quatre.m 〇竹工芸 大阪豊中 IPPO 〇木工 大阪豊中 JIN 〇パン 京都宇治 Panya a la Bonne Miche 〇木版画 京都童仙房 kringrafica 〇農産物 京都童仙房 ハト畑 〇木工 京都炭山 STUDIO MOKKO 〇農産物 新潟津南 はらんなか 〇木工 京都炭山 朝倉木工 〇ベルギー菓子 宮城仙台 Comado 〇農産物 広島三次 もぐもぐ農園 〇ガラス 京都炭山 色工房 〇陶器 京都炭山 奥村陶房(順不同)

冬ごもり展はとてもささやかな展示会ですが、作家が冬ごもりをテーマに特別な作品を作る発表会でもあります
紅葉のころ、穏やかな時間を過ごしにぜひお出でください。次回(第5回)の開催日時、ワークショップの内容など開催時期が近づきましたら順次アップ致します。



以下第4回(2018年秋)の冬ごもり展の案内です。


冬ごもり2018

※冬ごもりインスタグラムは こちら