冬ごもり展 冬ごもり展


冬ごもり展へようこそ!
冬ごもり展とは、お山の小さな陶房で開かれる小さな展覧会です。 この季節の陶房の雰囲気がとても好きで、みんなにも感じてほしいと思ったのがはじまりでした。
陶房のイスや外のベンチに座りながら、お客さん同士でおしゃべりして、、 子供たちは外でチョーク、ぶらっと散歩に行ったお父さんはどこまでいったのか、、あ、あんな遠くまで行ってる!
そんな、いつもの冬ごもりは今年お休みになりました。
ですが、お山の展覧会の雰囲気を僅かでもネットで届けたいと思います。
少しずつ作りこんでいくので、ときどき覗いてくださいね。
では、はじまり、はじまり、、

冬ごもり展

冬ごもり作家の一覧です。お取り寄せしたい方、お取引したいお店の方は作家紹介のリンクからどうぞ。
(アイウエオ順です)

□ 色工房    □ kiringrafica    □ quatre.m    □ 京都炭山朝倉木工
□ jin   □ studio mokko   □ ハト畑   □ Hanako   □ はらんなか
□ panya a la bonnne miche   □ poko    □ もぐもぐ農園    □ raisin レザン


冬ごもり展
冬ごもり展で過去に人気のあった作品、不動の定番、そして今年の自信作、そしてそして企画作品!!
有名どころの作家さんには特にいいものを厳選してもらいました。いいとこどりの、少数精鋭です。売切れ御免。
発売期間 12/4(金)~12/18(金)、発送は12/21(月)に一斉で行います。
冬ごもりインスタグラムにも掲載します。



冬ごもり展

美味しいレストランに行きたい、なかなか旅行にいけない、そんな思いをおうちで少しだけ叶えませんか?
なかなか会えない遠くの家族や仲間に贈って、クリスマスの夜を同じごちそうで一緒に楽しむのもおすすめです(リモート・クリスマス!)
京都岡崎のレザンさんに協力してもらい、クリスマスのディナーセットを企画しました。詳細は こちら。




↓かわいい猫ちゃん集合中!↓   
冬ごもり展
インスタグラムに、ネコの絵か写真(正面)と、どんな猫ちゃんなのかを載せ、 ハッシュタグ #ウチノコノマメネコ (うちの子のマメネコ) をつけてインスタにあげて下さい。これは!という猫ちゃんの「マメネコ」を焼成します。 猫を飼ったことがない人は、近所の憎たらしいネコの絵でもいいです。その場合、そのネコの顔の皿が届いちゃうかもですが。。





冬ごもりを作るひとびと
冬ごもり作家の一覧です。お取り寄せしたい方、お取引したいお店の方は各作家のリンクからどうぞ。
(アイウエオ順です)

□ 色工房
陶房から5分ほどの距離に、色工房さんの吹きガラスの工房があります。
第一線で活躍されるガラス作家さんですが、小さな冬ごもり展にも出品頂いています。
こちらのページで色工房さんの作品をたくさん見ることが出来ます。
色工房
もどる

□ kiringrafica
京都南山城町、標高500メートルの山の上にある童仙房。kiringraficaさんの版画作品はこの山の上でつくられます。
ハト畑さんの農産加工品のかわいい包装やレシピはkiringraficaさんの作品。デザインの仕事もされているので、ぜひお問い合わせください
kiringrafica
もどる

□ quatre.m
冬ごもり展では毎年沢山の焼き菓子を焼いてくれるquatre.mさん。
宇治市内にご自宅で、お菓子作りの教室と、ケーキの注文販売をされています。
冬ごもり展ではquatre.mさんのタルトとフィナンシェが大人気です。
お菓子教室、ケーキの注文はこちら→quatre.m
もどる

□ 京都炭山朝倉木工
京都炭山朝倉木工さんは、陶房より歩いて15分ほどの場所に工房を構えています。
こちらも第一線で活躍される木工作家さん。
月に何度か炭山のショールームをオープンされています。たくさんの大きな家具は圧巻。ぜひどうぞ。
京都炭山朝倉木工HP
インスタグラム
もどる

□ jin
大きな家具から小さなカトラリー、またアンティークのリペアまで行うオールラウンダー。 仕事が丁寧で、センスの良さがウリです。
セータ柄のカップに合わせたスプーンはJINさん作。
竹工芸のPOKOさんとのユニット→ factory jin and poko
もどる

□ studio mokko
大きな家具も制作する木工作家さんですが、最近は、金属と木を合わせたアクセサリーの制作や生木を削って作品をつくるグリーンウッドワークに取り組むなどフィールドをどんどん広げています。
studio mokko
もどる

□ ハト畑
寒暖差の大きい童仙房の気候を生かして美味しいトマトやお米を作っているハト畑さん。
青いトマトを利用した”食べるタバスコ”「トマスコ」は、ハト畑の大人気商品。
煎り玄米、米粉の蒸しパンミックスなど、体が喜ぶ食品を作っています。
ハト畑HP
インスタグラム
もどる

□ Hanako
こぎん刺しの本場、青森県弘前市でこぎんを刺しているHanakoさん。
Hanakoという名前は、こぎんのパターン「花コ」からきています。
モチーフへの落とし込みと、ファッションも意識した色づかいが得意な作家さんです。
もどる

□ はらんなか
はらんなかさんのある新潟県魚沼郡津南町。日本の誇る米どころ、そして雪どころ。
”さといらず(砂糖がいらないほど甘いから)”という名前の大豆から作った、炒り豆やおからのクッキー、きなこ。雪下にんじんのジュースやさつまいもチップス。
はらんなかさんの食べものはぜんぶ、噛めば噛むほど滋味深くておいしい。
ぜひお取り寄せして、食べてみてください。→ はらんなか
もどる

□ poko
大阪豊中で制作する編組(へんそ=竹を編むこと)の作家さんです。
竹は編むことと同じくらい、ひごを整えることも大変なのですが、総てにおいて丁寧さを決して譲らないのがpokoさんの仕事。奥村陶房では、pokoさんの碗かごと器のセットを販売しています。
木工のjinさんとのユニット→ factory jin and poko
もどる


□ panya a la bonnne miche
宇治市役所をさらに少し上がったところにある。ボンヌミッシュさん。
パンチのある食材も、繊細な素材も、香ばしくまあるく包んでくるBonne Micheさんのパン。絶妙!でもまあるいんです。 冬ごもり展では秋の実りをパンに詰めた冬ごもパンが並びます。
ボンヌミッシュさんの香ばしいパンたちに会いに、宇治にお越しの際はぜひお立ち寄りください。
panya a la bonnne miche
もどる

□ もぐもぐ農園
広島県北部、三次市で有機野菜を生産しているもぐもぐ農園さん。
農薬・化学肥料を使わないだけでなく、植物性のぼかしたい肥で野菜を育てています。
丁寧に大切に作られた野菜。味はもちろんのこと、冬ごもりでは「とても綺麗な野菜」、と評判。
もぐもぐ農園さんのお野菜はこちらから→もぐもぐ農園
野菜のお試し買いはこちらから→ 食べチョク
もどる

□ raisin レザン
京都岡崎の、常連さんと観光のお客様に人気のレストラン。
次々運ばれる美味しいお料理と心地よいサーブの、素敵なお店です。
カヌレをはじめ、お店のショーケースにはワクワクするようなデリカテッセンがずらり。岡崎散策の帰りにはぜひお立ち寄りください。
デリカテッセン&カフェ レザン
店休日などは→インスタで
もどる